わらびはだの副作用はマズい?全成分一覧と成分を1つ1つ解説

わらびはだの副作用など安全面が気になっているあなたのために全成分一覧と成分を1つ1つ簡単に解説する記事をご用意しました。

結論からお伝えして、わらびはだは副作用が心配な成分はありませんが、肌が敏感な方は刺激に感じるケースがあります。

わらびはだに苦手な成分が入っていないか確認したい場合の参考になればと思います。

わらびはだの副作用は大丈夫?全成分一覧と成分を1つ1つ解説

こちらがわらびはだの全成分です。

水、BG、グリセリン、エタノール、スクワラン、ホホバ種子油、ユビキノン、セリン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、シイクワシャー果皮エキス、アセロラ果実エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、アロエベラ葉エキス、ハトムギ種子エキス、キハダ樹皮エキス、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス(馬)、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、キサンタンガム、水添レシチン、コレステロール、ココイルサルコシンNa、フェノキシエタノール、オクラ果実エキス、ゲットウ葉エキス、ヘチマエキス、オリゴペプチド-24、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、水酸化K、HEDTA-3Na、エチルヘキシルグリセリン、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン

それぞれ1つ1つ解説していきます。

数多くの化粧品のベースとなる成分。成分を水に溶かし込むことで化粧品となる。

BG

代表的な保湿成分。抗菌作用もあり、製品の劣化を防いでくれる。

グリセリン

代表的な保湿成分の1つ。

エタノール

清涼感を出すために使われることが多い。濃度が濃いと刺激になるケースもあるため、苦手な方は注意が必要。

スクワラン

お肌を柔らかくしたり水分蒸発を防いでくれるエモリエント効果を持つ。

ホホバ種子油

お肌に馴染みの良い油性成分。エモリエント効果。

ユビキノン

通称・コエンザイムQ10。抗酸化作用が期待されている成分。

セリン

アミノ酸の1つ。保湿作用がある。

グリチルリチン酸2K

抗炎症効果が期待される成分。

アラントイン

抗炎症効果が期待される成分。

シイクワシャー果皮エキス

お肌を健やかに保つのを助ける。

アセロラ果実エキス

ビタミンCを多く含むアセロラのエキス。お肌を健やかに保つのを助ける。

加水分解アナツバメ巣エキス

お肌を整えてくれる成分。

アロエベラ葉エキス

保湿やお肌を整えてくれる成分。

ハトムギ種子エキス

保湿やお肌を整えてくれる成分。

キハダ樹皮エキス

保湿やお肌を健やかに保つのを助ける成分。

水溶性コラーゲン

代表的な保湿成分の1つ。

プラセンタエキス(馬)

年齢に合わせたお肌のケアであるエイジングケア成分として注目されている代表的な成分。

アミノ酸やビタミン、ミネラル、核酸など様々な成分を含む。

加水分解コラーゲン

コラーゲンを加水分解したもの。

ヒアルロン酸Na

代表的な保湿成分の1つ。

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1

通称・EGF。発見によってノーベル賞を受賞した方がいる成分として紹介される。

お肌を整え、健やかに保ったり、ハリツヤに良い成分。

キサンタンガム

代表的な増粘剤。

水添レシチン

天然の乳化剤。水性成分と油性成分が混ざるのを助ける。

お肌に構造に近いので保湿効果もあり安全性も高い優れもの。

コレステロール

角層の細胞間脂質にも含まれる成分。保湿やエモリエント効果がある。

ココイルサルコシンNa

アミノ酸系の乳化剤。低刺激であるものの、人によっては刺激になるケースもある成分。

フェノキシエタノール

防腐剤。空気中にも存在する成分。基本的に問題ない成分であるものの、バリア機能が壊れている場合まれに刺激になるケースもある。

オクラ果実エキス

保湿効果がある。

ゲットウ葉エキス

エモリエント効果やお肌のハリに良い成分。

ヘチマエキス

保湿効果がある。

オリゴペプチド-24

EGF様作用(のように働く)成分。

PEG-60水添ヒマシ油

乳化剤。お肌に優しい低刺激の乳化剤なので多くの化粧品に使われる。

カルボマー

代表的な増粘剤。塩分に弱い。増粘させるときはアルカリの成分と中和させる。水酸化Kがよく使われる。

水酸化K

カルボマーを中和し増粘させる成分。

HEDTA-3Na

化粧品の劣化を招く金属イオンを不活性化させるキレート剤。

エチルヘキシルグリセリン

保湿効果や抗菌作用がある。

ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

防腐剤。動物試験では刺激性が確認されている。人での試験では問題ないという結果もある。

ヒドロキシプロピルシクロデキストリン

乳化を安定させる目的で配合される。

まとめ

わらびはだには結論として副作用が心配になるような成分は含まれていません。

ただ、

  • エタノール
  • ココイルサルコシンNa
  • フェノキシエタノール
  • ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

は相性によっては刺激に感じるケースもゼロではありませんので、ご注意ください。

万が一肌に合わない場合でも、わらびはだは30日の返金保証を使うことができるため、心配だけど使ってみたい方はパッチテストもかねてお試ししてみてはいかがでしょうか。

わらびはだの口コミや評判、レビューはこちらでお伝えしています。合わせて参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました